海燕

ゲーム

同人版『月姫』が発売当時どれだけの衝撃だったか、いま語ろう。

寝ころびながら『月姫』をプレイする、この愉悦。  ども、今日も今日とてNintendo Switchで『月姫』をプレイしています。  いやー、まさかこれほど楽な姿勢で『月姫』を遊べる日が来ようとは、かつては想像もしてい...
コラム

カルト宗教・団体への依存を乗り越える「迷う力」とは何か。

さまざまな「カルト宗教団体」が問題になっています。その背景にあるものは、教祖が提唱する「正しさ」や「真理」への依存。そうだとすれば、いま必要なものは心理学でいう「ネガティブ・ケイパビリティ」、つまり「迷う力」なのだと思います。
ゲーム

ぼくたちはメンタリストDaigoの「差別」を責められるか。

メンタリストDaigoによる「ホームレス差別動画」。  「メンタリスト」を自称する有名YouTuberのDaigoさんが「差別発言」を載せた動画によって炎上してから数日が経ちました。  初めのうちはわりと強気に対応していたよう...
映画

河村光庸Pに見るアニメへの偏見蔑視と「左翼冷笑系」の病理を問う。

『鬼滅の刃』や『シン・エヴァ』は実写映画を「排除」したのか?  いま、「政権に斬り込む『パンケーキを毒見する』河村光庸Pインタビュー「『鬼滅』や『エヴァ』は映画館を救わなかった」 【第1回】」と題する記事ソーシャルメディアで...
アニメ

映画『クレヨンシンちゃん』最新作は資本主義競争原理批判を貫徹したか。

映画『クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』のネタバレレビューです。
マンガ

斎藤環氏の『ルックバック』批判に精神障害当事者として思うこと。

斎藤環氏による『ルックバック』批判に対する批判的検討です。
コラム

タバコ、セックス、飲酒、薬物、ゲーム。依存症の本質とは。

性、ゲーム、タバコ、ギャンブル、恋愛、アルコール、ドラッグなどなど、さまざまなものが原因となる依存症という病。この病理についてひと通り調べたことをまとめました。
コラム

「非モテ」と「何者問題」と「オンラインサロン」。

「非モテ」と「ワナビ」はある意味で共通しています。両者は承認欲求をどこで満たすかという差に過ぎません。承認欲求のとりこであることに変わりはないのです。
コラム

「何者かになりたい」若者たちへの答え。

「何者かになりたい」という苦悩から始まる問題を「何者問題」と呼ぶそうです。しかし、ひとはほんとうに「何者か」になどなる必要があるのでしょうか? 考察してみました。
アニメ

映像は圧巻。脚本的な新味はなし。『閃光のハサウェイ』レビュー。

アニメ映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が好評です。いままでの『ガンダム』のヴィジュアルイメージを一気にアップデートする作品といって良いでしょう。この作品と過去の『ガンダム』シリーズとの関連をなるべくわかりやすいようにまとめました。
タイトルとURLをコピーしました