アニメ

アニメ

映画『クレヨンシンちゃん』最新作は資本主義競争原理批判を貫徹したか。

映画『クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』のネタバレレビューです。
アニメ

映像は圧巻。脚本的な新味はなし。『閃光のハサウェイ』レビュー。

アニメ映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が好評です。いままでの『ガンダム』のヴィジュアルイメージを一気にアップデートする作品といって良いでしょう。この作品と過去の『ガンダム』シリーズとの関連をなるべくわかりやすいようにまとめました。
アニメ

西野亮廣は天才かペテン師か。いまこそ「批判禁止」を乗り越えよう。

元キングコングで知られる芸人・西野亮廣という人物は、はたして天才なのでしょうか、それともただの詐欺師に過ぎないのでしょうか。この記事では、西野のオンラインサロンの問題点を指摘した上で、その本質を決定的に「批判」する方法を探っています。
アニメ

「最後はひとり」。細田守映画を貫くリアリティとは。

細田守監督の映画は、出世作『時をかける少女』から最新作『竜とそばかすの姫』まで、いつも賛否両論を集めて来ました。その作品はしばしば「倫理的に正しくない」とすら語られて来たのです。しかし、ほんとうにそうなのでしょうか。その世界観を考えました。
アニメ

【ネタバレ】アニメ『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』は傑作か凡作か。

2021年春アニメのなかで「神アニメ」として高い評価を受けた『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』の感想記事です。一作のSF作品としての弱さ、古くささと、物語の面白さはかならずしも衝突しないといったことを書いています。
アニメ

細田守最新作『竜とそばかすの姫』ネタバレレビュー。

2021年夏公開の細田守監督による最新作『竜とそばかすの姫』のネタバレレビューです。この映画のシナリオや、グラフィック、ミュージックなどに関して、全面的なネタバレで語っています。とりあえず素晴らしい映像体験でした。ヒットするといいな。
アニメ

なぜBLではエロスと感動が「乳化」するのか?

あるいはわけのわからないタイトルかもしれませんが、女性向けのボーイズ・ラブ作品では、いわゆる「男性向け」の作品と比べて、性的な要素と物語的な感動があたりまえのようにひとつに混ざり合い溶け合っている、いわば「乳化」しているよねという、そんなお話です。
アニメ

細田守『バケモノの子』は父性不在を描いている。

 「正しい言葉」が、ある。 大切なあの人に投げかけるべき真実の言葉が。 そのひと言はすでにのど元まで出て来ている。 なんと告げるべきなのかもうとうにわかりきっている。 だから、あとはただその言葉を放ち、形のない銃弾で相手の胸を射抜く、それ...
アニメ

碇シンジは視聴者から非難されるべき?山本弘氏の『エヴァ』評が変だ。

作家の山本弘さんがアニメ『エヴァンゲリオン』シリーズを批判している記事について考えたことを書きました。いや、『エヴァ』が嫌いなのは自由なのだけれど、自分が嫌いなアニメは他人も嫌いじゃないとおかしいというのはどうかと思うのですよね。
アニメ

悪役令嬢カタリナ、また破滅フラグ? 夏アニメ『はめふらX』に期待!

新作アニメが楽しみすぎる!  もうそろそろアニメの春季シーズンも終わりですね。そうなると、次は夏季シーズンとなるわけですが、皆さんはどのような作品にご期待されておられるでしょうか?  まあ、夏アニメは例によ...
タイトルとURLをコピーしました