マンガ

マンガ

『腐女子除霊師オサム』と著作権。パロディ、薄い本、ファスト映画。

話題になった「ジャンプ+」の読み切り作品『腐女子除霊師オサム』と、べつの意味で話題になった『チートスレイヤー』をサカナに、いまの著作権のありかたはほんとうに文化を守るため、唯一ありえる「正しい」形なのか? その点について一考してみました。
マンガ

竹本泉作品が好きすぎるので傑作ベスト10を並べてみたよ。

名作、傑作、変わった作品も数ある竹本泉マンガ。ちょっとほかに類例のない独自の世界を築き上げた作家さんですが、あまりにシリーズが多いため、あるいはどこから入ったらよいか迷う人もいるかも。そこで、ベスト10形式でランキングにしてみました。
マンガ

『エヴァ』や『進撃の巨人』の斬新な「ワールドビルディング」とは。

物語への興味が「個人の内面」から「世界の秘密」へ移っている?  前の記事()でも引用しましたが、ジャーナリストの佐々木俊尚さんが、いまの時代のエンターテインメントは「個人の内面」を描くことから「世界の秘密」を暴くところに力点...
マンガ

『チートスレイヤー』は愛やリスペクトがないからアウトなのか?

連載終了!『異世界転生者殺し -チートスレイヤー-』の是非。  『ソードアート・オンライン』など、既存の作品のパロディ的な描写で炎上から連載中止に至った『異世界転生者殺し -チートスレイヤー-』の話がちょっと意外な方向へ転が...
マンガ

連載中止!『異世界転生者殺し-チートスレイヤー-』の何が問題か?

「炎上商法」ですらなかった『チートスレイヤー』。  「小説家になろう」発の人気作品たちを嘲っているとも受け取れる描写が話題になった『異世界転生者殺し-チートスレイヤー』。すわ「炎上商法」かとも見えたこの作品ですが、あっという...
マンガ

なぜ萩尾望都が天才少女漫画家と呼ばれるのか、名作10編で解説する。

唯一無二の天才漫画家・萩尾望都の業績をわかりやすく説明しよう。  「天才作家」という言葉は広く人口に膾炙していますが、ほんとうに本物の天才なんてめったにはいないもの。しかし、萩尾望都はだれもが認めるそのひとりでしょう。 ...
マンガ

おがきちか『Landreaall』ダンジョン編佳境の最新37巻ネタバレ感想!

『Landreaall』、一年に一、二回の最新刊です。  どんどんぱふぱふぱふー。本日、おがきちかの人気シリーズ『Landreaall』最新の第37巻が発売されました。  さっそく電子書籍で入手して読み...
マンガ

『進撃の巨人』の「愚か者たちのデモクラシー」は本当に成り立つか?

【この記事の簡単な要約】 いや、たった3行か4行程度で要約するとかさすがに無理ですよね? 18000文字とかあるんですよ! ひさしぶりに暴走して書きに書いてしまった。たぶんもっと丁寧に削っていけばもう少し短くなると思うけれど、もう気力がな...
マンガ

映画『映画大好きポンポさん』を庵野秀明や宮崎駿と比較し語る。

映画版『映画大好きポンポさん』が腑に落ちない。  先日、すでに各地で好評を集める『映画大好きポンポさん』を観て来たのですが、いまひとつ自分のなかでどう評価するべきなのか納得が行っていないところがあって、考え込...
マンガ

現代ビジネスの記事が「実在しないアニメ」を見たと主張したあげく、その部分を全部消してごまかそうとしている件。

追記(2021年6月15日15時50分ごろ)  以下の記事では、「現代ビジネス」の記事に実在しないアニメ版『シャドークロス』のあらすじが記されていた事実を指摘し、なぜそのようなことが起こったのか、ぼくなりの推測を記しています...
タイトルとURLをコピーしました