マンガ

TONO『アデライトの花』レビュー。コロナ禍のいまこそ読むべき死と真実の大傑作。

このコロナ禍のなか連載が続くパンデミック・テーマの傑作『アデライトの花』のレビューです。同じ作家の『カルバニア物語』にも比肩し、あるいは上回る大傑作なので、ぜひ読んでいただきたいと思います。力を入れてきた記事なので、どうぞ読んでみていただければ。
マンガ

【ネタバレあり】タイザン5『タコピーの原罪』は傑作か凡作か。

いま、ネットで話題になっている『タコピーの原罪』の面白さが個人的にいまひとつピンと来ないので、その点について記しました。ぼくの個人的な意見に過ぎないので、怒らないでください。いや、単にぼくのアンテナのほうの問題だとは思うんですけれどね……。
アニメ

容姿差別はほんとうに悪なのか。『SHIROBAKO』でルッキズムと多様性を考える。

アニメ『劇場版SHIROBAKO』に対する、「女性描写の多様性が欠けている、アップデートされていない」という苦言をもとに、そもそも人を容姿で差別する「ルッキズム」が絶対的な悪だというのはほんとうに真実なのか、あらためて一から考えてみた記事です。
マンガ

双龍『こういうのがいい』レビュー。恋人じゃないセックス友達の自由な関係。

互いに束縛しあわず逢えばひたすらセックスする、そうかといってからだだけの関係というわけでもない、そんな不思議な男女を描く双龍の『こういうのがいい』のレビューです。はたして人は本当に束縛しあわずに関係を作ることができるのか? 考えてみました。
マンガ

TALI『そのとき修羅場が動いた』レビュー。仁義なきヤンデレバトルロイヤル。

ヤンデレはお好きですか。最恐に狂ったヤンデレ達ばかりを集めて恋のバトルロイヤルを繰りひろげさせるマンガ、TALI『そのとき修羅場が動いた』のレビューです。このマンガ、面白いけれど、怖いよ……。いったい真実はどこにあるのか? まったく目が離せません。
マンガ

百合マンガの新境地をひらく! ゆざきさかおみ『作りたい女と食べたい女』レビュー。

ゆざきさかおみさんのガールズラブ『作りたい女と食べたい女』がとても面白かったです。「食」を通して巡り会うひと組の女性たちの物語で、ふたりのあいだに流れる穏やかな空気が何とも心地良い作品になっています。「Something Orange」オススメの一作です。
マンガ

コトバノリアキ『姫騎士は蛮族の嫁』レビュー。結婚ものの新境地を開くファンタジー。

 まだ二巻しか出ていないが、『姫騎士は蛮族の嫁』というマンガが面白い。  タイトルですべてが表されてしまっているが、つまりはそういうお話である。  ある国の遠征軍を率いるひとりの美しい女騎士が、蛮族と蔑む敵たちに捕らわ...
小説

耽美小説が好きだ。

赤江獏、森茉莉、澁澤龍彦、三島由紀夫、泉鏡花、中井英夫――といった、耽美文学の系譜が好きでなりません。その暗い血脈に想いを馳せるとき、どこかで「真世界」の扉がひらくように思うのです。そういった美しい小説群への想いを言葉にして並べてみました。
小説

小説家になろうの悪役令嬢ものを読み「善悪逆転」に思い馳せる。

「小説家になろう」のいわゆる「女性向け」ジャンル、たとえば『歴史に残る悪女になるぞ』などの「悪役令嬢もの」が、いかに視点の移動によって通常の物語における主客、善悪を逆転させてる物語構造を持っているかについて、くわしく解説した記事です。
マンガ

天野しゅにんた『愛されてもいいんだよ』レビュー。レズ風俗の内実を優しく描く「お仕事テーマ」の百合マンガ。

天野しゅにんた『愛されてもいいんだよ』は、「レズ風俗」で働くひとりの女性を描いた百合マンガ。これがじつは「お仕事系」としてじつに読ませる、セックスワーク・テーマの秀作なのです。「お仕事系」という切り口で、くわしくレビューしました。
タイトルとURLをコピーしました